投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


今日の調査

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 7月15日(日)18時43分54秒
返信・引用
  未だ暑さに慣れていないところに、死ぬかと思うような暑さの襲来で、ビビりましたが、鳥達も同様なのか、元気よく姿を見せてくれたのは、森コースの最初と最後に登場したコゲラさんと、猛暑も土砂降りも全然気にせず空を飛び回るツバメ達ぐらいでした。

ただ、猫ヶ洞池の方で、久し振りにカイツブリが声だけですが確認できたのと、まだオオヨシキリの声が聞こえ、これが今日の一番の収穫かな。

写真2枚目のトンボは、自宅に帰って図鑑を見ても、種類が分からずじまい。何とかアカネといった感じですかね。

最後の写真は、たぶん、まだ青いアケビの実。熟したところまで見られるのかどうかですが。
 

Re: セミの声

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 7月 4日(水)17時55分5秒
返信・引用
  > No.2866[元記事へ]

やなぎさんへのお返事です。

また、梅雨前線が南下してきちゃったんで、関東甲信の梅雨明け宣言も「早まったぜ!!」感が。この台風騒ぎが治まったら、梅雨明け気配になるかもしれませんが。

梅雨前線残ってる上に、ゆったりペースで台風進んでいるんで、嫌なパターンですな。週末は、お盆のお施餓鬼で八百津まで行く予定になっているんだけど、途中、山道抜けて行かないといかんので、戦々恐々としておりますが。
 

Re:セミの声

 投稿者:やなぎ  投稿日:2018年 7月 4日(水)13時25分29秒
返信・引用
  昨日、少しだけですがセミ(たぶんアブラゼミ)の声を聞きました。
毎日ジメジメしていて人間にもカビがはえそうです。梅雨明け宣言を早く聞きたい気分です。
 

セミの声

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 7月 2日(月)18時27分1秒
返信・引用
  今朝、早くも、クマゼミの声を聞いちゃいました。ニイニイゼミも、アブラゼミもすっ飛ばして、いきなりクマゼミは、生まれて初めて。長い夏になりそうですが、皆さま、無事、生き延びましょうね。  

HP更新のお知らせ

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 6月20日(水)22時15分42秒
返信・引用
  先ほど、6月の調査結果をHP 「出会った鳥達」 に、アップしておきました。また、お時間のある時に、覗いてみて下さい。  

Re: 今日の調査

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 6月18日(月)18時48分42秒
返信・引用
  > No.2862[元記事へ]

やなぎさんへのお返事です。

ウグイスは、我が家の周辺にも、1羽居残ってますな。

ホトトギスも、相変わらず、声が聞こえてます。先日は、明け方、5:00頃にけたたましい鳴き声が聞こえて、つい、目が覚めちゃいました。我が家の屋根の上辺りで鳴いたのかも。
 

Re:今日の調査

 投稿者:やなぎ  投稿日:2018年 6月18日(月)14時39分28秒
返信・引用
  私は農地コースでした。姿が良く見れたのは、ハシブトガラスとツバメ。
他はほとんど声のみでしたが、ウグイスがまだ何ヶ所もで鳴いていて、終了地点近くの樹林奥ではキビタキも。
終わりよければ、すべて良し!という感じでしたネ。

15日の中日新聞夕刊に載っていたメリケントキソウは、平和公園には無いらしいという話も小耳にはさんで、一安心でした。

 

今日の調査

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 6月17日(日)15時16分40秒
返信・引用
  さして蒸し暑くもなく、爽やかなお天気で良かったです。

気になってた猫ヶ洞池ヨシ原のオオヨシキリ。幸い、2羽の姿を確認。幼鳥くさい個体を見つけた時は「おおっ!!」って感じだったんですが、残念ながら今日の観察ではそこまで。3羽以上の姿が見られるか、巣でも見つかれば、繁殖成功って話になるのですが。

後は、さほど特筆すべき場面はなかったんですが、ハンノキ湿地を過ぎて、出口に向かう辺りで出くわしたキビタキは、ほんと近くて、飛び去る姿は辛うじて見られたんだけど、あれがもう少し、ちゃんと姿が見られたら完璧だったんですが。
 

今日の平和公園

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 6月13日(水)18時15分31秒
返信・引用
  県の調査で、平和公園回ってきました。

昨日、メールで、「オオヨシキリを見た」と連絡貰ったんで、猫ヶ洞池のヨシ原周り、いつも以上にじっくり回ったら、今日もいました。オスメス2羽。

別の方からの連絡で、ちょっと前には囀っていたらしいんだけど、昨日、ヨシ原の中に入り込んだ釣り人がいたそうで、それを警戒しているのか、今日も囀りは、なし。

せっかくなら、繁殖まで行って欲しいんだけど、釣り屋さん、繁殖期過ぎるまででも、自重してくれんかなあ。

他は、キビタキが、数か所で囀ってたのと、池の北側のユーカリ温室辺りのツバメ集団が、タダツバメじゃなくてイワツバメだったぐらい。

何かのヒナ連れとの遭遇期待してたけど、残念ながら、カラスのファミリーのみ。

写真の方は、画像ソフトの不具合で編集ができないので、割愛。
 

キショウブ退治

 投稿者:世話人  投稿日:2018年 5月26日(土)22時18分44秒
返信・引用
  今日は、午後から猫ヶ洞池ヨシ原で、キショウブの花摘み等の作業を1時間ほど。今年は、けっこう人数が集まり、短い時間ながら、広範囲の花を摘むことができました。

花が開いてからだと、キショウブ・ファンからの批判が殺到しそうで、気を使います。

今日も、「何の作業ですか?」と尋ねられて、「実は、キショウブ退治を」と返事をした方も、キショウブ・ファンだったようで、冷や汗が。一応、活動の趣旨は説明したんだけど、分かってもらえたかなあ。
 

/114